審査が心配という人におすすめ

クレジットカード審査画像

クレジットカードを申し込むと、与信審査を受けることになります。
加入者本人の返済能力を審査し、クレジットカードを発行しても問題がないかどうかを確認するのですが、カードごとに審査基準が違うので、審査の厳しいカードでは、せっかく申し込んだのに審査で落ちてしまい、カードが作れないということも起こります。
与信審査は経済状況を見るだけではなく、過去のクレジット履歴や、誠実に返済を行う人格かどうかもチェックされます。
もしも審査に不安があるなら、審査条件の厳しいカードではなく、少し緩めのカードを狙って申込みをしたほうが良い結果が出ます

 

銀行系よりも流通系やメーカー系が狙い目

銀行は支払い回収でのリスクを嫌うため、銀行が発行するクレジットカードは審査が最も厳しくなっています。
審査属性に不安のある方には、銀行系のクレジットカードはおすすめできません。
イオンカードやオリコカード、セブンカード、ファミマTカードといった、デパートやコンビニなどの流通系の企業が発行するクレジットカードなら、それほど審査が厳しくありません。
学生や主婦の方にもおすすめできる、比較的作りやすいカードです。

 

最も審査に通りやすいのは消費者金融系カード

数あるクレジットカードの中で、最も加入しやすいのが消費者金融系のクレジットカードです。
消費者金融業者は回収リスクをある程度見込んでカードの発行を行います。
そのため年率やポイント還元などの条件が下がることもありますが、クレジット履歴がブラックでさえなければ、作れる可能性が非常に高いのです。
確実にクレジットカードを作りたいなら、消費者金融業者が発行するクレジットカードに申し込むことをおすすめします。

 

銀行系でも作りやすいクレジットカード

条件によっては銀行系のクレジットカードでも作りやすくなるものがあります。
発行元の銀行に預金口座があり、一定の預金額が入金されていれば、他の審査属性が弱くてもクレジットカードを作ることができる可能性が高くなります。
ただし、その銀行に住宅ローンを借りているなどといった大きな債務があると、条件は悪くなってしまうので注意してください。
預金口座のある銀行でクレジットカードを作るなら、大きなローンを組む前に申し込むことがポイントです。
なお、小口であっても複数のローンがあると審査属性が下がってしまうので、持っているローンの数にも注意してください。