プレミアムカードは信用とステータスを保証

ゴールドカードはかなり普及しているようですが、プラチナカードやブラックカードといったハイグレードのプレミアムカードになると、やはりそれだけの信用とステータスを保っています。
ハイグレードカードはインビテーション(招待)がなければ持つことはできませんが、招待されること自体がカード会社から信用を認められた証でもあります。

カードのグレードとは

カード会社が直接発行しているクレジットカードには、ゴールド、プラチナ、ブラックといったグレードが存在します。
サービス内容は各社で違い、必ずしもブラックなら黒いカードというわけでもありません。
カード会社の格付けと、サービスの内容が他社と同クラスであるかといった視点で分類されています。

各国際ブランドのプレミアムカードのグレードは表の通りですが、三井住友カード、三菱UFJニコス、シティカードジャパン、クレディセゾンなどでもゴールドカードを発行しています。
ブランド ゴールド プラチナ ブラック
アメリカン・エキスプレス ゴールド ビジネス・ゴールド プラチナ ビジネス・プラチナ センチュリオン
ダイナースクラブ ダイナースクラブカード プレミアムカード
MasterCard Gold MasterCard
Titanium MasterCard
Platinum MasterCard World MasterCard
Visa Visaゴールド Visaプラチナ Visa Infinite
JCB JCBゴールド
JCBゴールド ザ・プレミア
JCBゴールドエクステージ
JCBプラチナ法人カード
(個人向けカードなし)
JCBザ・クラス

庶民的なお店ではVISAやJCBがおすすめ

ひと昔前とは違って、今では日本の一般的なサラリーマンならゴールドカードは比較的簡単に手に入ります。
一流企業に勤めている中堅以上の方ならプラチナカードを持っていることも多いのではないでしょうか。
信用情報の一本化が進む現在、プレミアムカード保有は大きな信用力になります。

しかし、使うお店によっては知識がない店員がいたり、取扱手数料の問題から、ダイナースやアメックスのプレミアムカードを出しても「VISAじゃないの?」と言われてしまうことも……
海外ブランドのステータスカードではなく、JCBや三井住友VISAなどのグレードカードを持つ方が増えているのは、こういった理由もあるようです。

プレミアムカードで受けられる特典

ゴールド以上のステータスカードでは、一般カードとは違ったサービス内容が用意されています。
ホテルや航空チケットのアップグレードや空港ラウンジ利用もよく利用されるツービスですが、ポイント優遇やショッピング保証の拡大も直接的なメリットになっています。
  • 国内外ホテル宿泊時のアップグレード
  • 航空便のアップグレード
  • 空港ラウンジの無料利用
  • 手荷物宅配サービスなどトラベルサポート
  • 付帯保険の保証拡大
  • 提携イベントの招待
  • ポイント付与率アップ
  • サービスデスク(コンシェルジュ)対応
ホテル、航空便、レストラン、劇場、ゴルフ場等の予約サービスほか