ポイントやマイルが貯まるクレジットカード

ポイントやマイル

クレジットカードを利用する理由で最も多いのが、「ポイント・マイルが貯まるから」というものです。
普段からカードを使っていると、特に意識していなくてもポイントやマイルが貯まっていて、大きな割引を受けられたということがよくあります。
ポイント還元率はカードごとに違い、2倍、3倍の差がつくことも少なくないので、カード選びに悩んでいるならポイント還元率で比べてみることをおすすめします。

 

ポイントを効果的に貯めるには

支払い額の一部をポイントで還元できても、年会費がかかってしまえばあまりお得とは言えません。
ポイントの貯めやすさでクレジットカードを選ぶなら、年会費無料カードをチェックするのが基本です。

 

ポイントを貯めたいなら、スーパーやコンビニの支払い、携帯料金、電気、ガス、水道などの公共料金をカード払いに切り替えてみましょう。ポイントの貯まり方がかなり違ってきます。
カードの支払い方法は1回払いまたは2回払いを選ぶようにしましょう。それ以外では支払い手数料がかかり、せっかくポイントがついても差し引きでマイナスになってしまいます。

 

 

ポイント還元率の計算方法

一般的なカードでは、ポイント還元率は0.5%程度が多いようですが、0.3%のカードや1.0%以上の高還元率のカードもあります。
ポイント還元率は自分でも計算することができるので、検討しているクレジットカードがあれば、算出してみるのも良い比較材料になります。

 

ポイント還元率=1ポイントの円換算レート÷(利用額÷ポイント数)

 

100ポイントが100円のレートでショッピング割引などに利用できる場合、1ポイントのレートは1円です。
10,000円の利用で100ポイントつくカードでは、1÷(10,000÷100)=0.01 ですから、ポイント還元率は1%ということがわかります。

 

 

マイルを貯めるなら航空系が基本

ポイントではなく航空チケットに利用できるマイルを貯めたいなら、航空会社が発行しているクレジットカードをおすすめします。
どの航空会社のカードが良いかは、自分が良く使う航空会社(マイレージを使いたい航空会社)にすると良いでしょう。

 

航空系のクレジットカードは年会費が有料のカードが主流です。初年度が無料のカードも2年目以降は有料なのですが、クレジットカードのポイントをマイルに交換するには、移行プログラム参加料や交換手数料がかかります。
それがあらかじめ年会費に組み込まれていると考えれば、多少の年会費がかかっても航空系のカードを所有したほうが楽にマイルを貯めることができます。