年会費無料のクレジットカードはお得!

年会費無料カードはお得

クレジットカードは年会費が無料でも使い方や支払いシステムが変わることはありません。
逆に一般の有料カードよりもポイント還元率が高いカードもあります。
有料のカードよりもお得に使えるチャンスが大きいのが無料クレジットカードです。

 

年会費無料カードと有料カードの違い

年会費が無料のカードでもクレジット機能が制限されることはありません。
ショッピング枠とキャッシング枠は与信審査によって判断されるため、年会費が無料だからという理由で不利になることはないので安心して使えます。

 

年会費有料のクレジットカードと大きく違うところは、付帯保険の内容です。
無料カードはポイント還元率が高いものが多いのですが、そのようなカードは旅行保険、特に国内旅行時の保険がついていないケースがよくあります。
しかし国内旅行で怪我や病気をしたとしても、大きな保証が必要なことは稀ですし、生命保険等に加入していればそちらで十分賄えます。
また、無料であっても海外旅行保険がついているカードはいくつかあるので、保証を重視したい方はそのタイプのカードを選ぶと良いでしょう。

 

最も人気のある年会費無料カード

日本で最も多くの方が所有しているクレジットカードはJCBカードですが、その次に所有されているのが楽天クレジットカード、3番目がセゾンカード、次がイオンカードです。
JCBカードは一般カードやゴールドカードには年会費がかかりますが、JCB EIT、JCB LINDA、Type Select なら年会費は無料。セゾンカード、イオンカードも年会費無料のカードです。
翌月1回払いを選択すれば手数料ゼロでカードを使うことができ、さらにポイントが付くため、現金払いよりもお得に利用できます。

 

サブカードにおすすめの無料カード

年会費が無料のカードは、使用頻度が少なくても費用の面で全くデメリットがありません。
他にメインカードとして使っているクレジットカードがあっても、もう1枚サブとして持っておくには最適です。

 

サブカードとして選択するなら、メインカードとはタイプの違うカードを選ぶことをおすすめします。
たとえば国際ブランドを海外利用用(VISA、Master、アメリカンエキスプレス)と国内用(JCB)に分けたり、電子マネーや付帯保険の内容、割引の対象などのカードごとに違うサービスを、サブカードを持つことでカバーし、どこへ行ってもクレジットカードのサービスが受けられるようにしておくのが賢い方法です。