海外に行く前にクレジットカードを作る

海外イメージ画像

国内で発行されるクレジットカードのほとんどは国際ブランドがついていて、海外でも国内と同じように買い物やキャッシングに利用できるので、海外旅行に行くためにクレジットカードを作るという方もたくさんいます。
現金を持たなくても買い物や食事ができるという便利さ以上に、海外では現金よりもクレジットカード払いのほうが信用されているからです。

 

海外では現金よりもカード払いが喜ばれる

海外では偽札被害が多く、特にドル紙幣は偽造が多いことが知られています。
通貨に対する信頼性が日本ほど高くないために、現金で支払いをしようと思っても、その紙幣が偽札かもしれないと疑われて嫌がられることもあります。

 

また、クレジットカードはカード会社が支払い能力を認めた方に発行するカードですから、それを持っているというだけで経済的な信用があると判断され、一種の身分証明書のような位置づけになっているところも多く、一部のホテルでは宿泊の前にクレジットカードの提示を求められるケースもあるようです。

 

クレジットカードの国際ブランドとは

日本で発行されるクレジットカードは、そのほとんどに国際ブランドがついています。
国際ブランドとは、世界的に加盟店と決済システムのネットワークを持ち、国際的に利用できるクレジットカードブランドのことです。
国際ブランドには次の5つがあります。

ブランド 性質 特徴
VISA 決済 最も加盟店が多く、世界中で汎用性が高いブランド
MasterCard 決済 VISAに次いで加盟店が多くヨーロッパに強いブランド
JCB T&E 国産ブランドのため日本を含めたアジアに強いブランド
アメリカンエキスプレス T&E ステータス性の高いブランド。 加盟店はやや少ないが、サービスが充実
ダイナースクラブカード T&E 最も歴史があり、ステータス性の高いブランド。 高級店以外では使えないこともある

※T&E=Travel&Entertainment 旅行やシアターなどの娯楽サービスに重点を置いているブランド

 

国際ブランドの選び方

現在はブランド同士でも加盟店提携があり大きな違いはなくなってきているものの、国際ブランドそれぞれに加盟店の違いや性格があります。
国際ブランドを選ぶ時には、国内での利用が多ければJCB、海外の利用が多ければVISA、MasterCardを選ぶと間違いないでしょう。
クレジットカードを2枚持つなら、1枚をJCB、もう1枚をVISAかMasterCardにすることをおすすめします。

 

ステータスや、ホテル・空港・レストランなどのプレミアムなサービスが目的ならダイナースクラブカード、またはステータス性に加えてエンターテイメント系のサービスが充実したアメリカンエキスプレスをおすすめします。