自営業の方におすすめのクレジットカード

自営業の方は、サラリーマンや公務員の方に比べて、自営業者の方はクレジットカードに加入しにくいのが現実です。

 

審査ハードルが低いカードを狙う

一定以上の収入が数年以上続いている方ならそれほど問題はありませんが、自営やフリーになって2、3年程度の方は実績の評価が難しくなり、ほとんどのクレジットカードは作れないという結果になりがちです。
しかし自営だから審査に通らないというわけではありません。消費者金融系などの審査ハードルが低いカードなら加入できるチャンスが広がります。
また、外資系のクレジットカードは国内のカードほど就業形態を重視しないため、アメックスやCITIカードに申し込んでみるのも良い方法です。

 

将来的に自営を考えている方なら、学生時代や独立前にカードを作っておくという方法もあります。
学生向けカードは審査条件が非常に低く、返済や使い方に問題がなければ自動延長時に一般カードに切り替えとなり、その後も持ち続けることができます。

 

法人カード・ビジネスカードを狙う

クレジットカードの中には法人向けカード(ビジネスカード)もあり、こちらは個人事業主の方でも加入できます。
主なものでは、JCB法人カード、三井住友VISAビジネスカードマーチャントメンバーズクラブ、アメックスビジネスゴールドカード、ダイナースクラブビジネスカードなどがあります。
ビジネス対応のカードのため航空関連のサービスやビジネスサービスが充実していて、web明細を事業決算に利用できるという利点もあります。
また利用状況によってプラチナカードなどへのグレードアップも可能なため、信頼性アップという面でもおすすめできます。

 

 

デビットカードなら審査で落ちる心配なし

どうしてもクレジットカードの審査をパスできないという方には、デビットカードをおすすめします。
デビットカードは利用額が翌月以降の後払いになるクレジットカードとは違い、預金口座から即時決済をするカードで、カードを利用するとその場で口座から利用額が引き落とされます。
カード会社が利用額を立て替える必要がなく、預金金額の範囲内での利用になるため、収入の安定性や返済能力は問われません。クレジット履歴に事故がある方でも発行できます。
使い方は普通のクレジットカードと全く同じで、国際ブランドがついたデビットカードなら海外でも使えます。