おすすめカードはその人によって違う

おすすめの選び方

現在はあらゆる業種の企業がクレジットカードを発行しています。
専門家でさえ完全には覚えきれないほどの様々なカードが発行されている状況で、どのクレジットカードが最も良いかは、一概には言えません。
似ているようでそれぞれに特色があり、主要している方の使い方でよくも悪くもなるのです。
同じ職種で同じ程度の収入があっても、使い勝手が良いと感じるカードは人それぞれに違います。

 

カードを使うシーンをイメージしてみる

自分が欲しいクレジットカードがはっきりしていれば、あとは審査や使い方をどうするかというステップになりますが、あまりにもクレジットカードの数が多すぎるため、そもそもどんなカードを選んだら良いかわからないという方も多いようです。
そんなときには、自分がいつ、どんなお店でクレジットカードを使うかを想像してみてください。

 

自分がいつも使っているお店や、旅行したい場所でそのカードが使えるかを考えて、たとえば近所の庶民的な居酒屋で使う頻度が多ければ、アメックスやダイナースは使えない可能性もでてきます。
逆に海外出張が多ければ、多少の年会費がかかっても世界中の航空ラウンジが使えるプレミアムカードのほうが便利ですね。
ドライブが趣味なら石油会社のクレジットカード、通勤に公共交通機関を利用するなら交通系のカードにすると便利ですし、ポイントも貯まりやすくなります。

 

 

メインカードかサブカードかで選び方が違う

メインカードを選ぶときには、自分がクレジットカードに何を求めているかで決まります。
利用額の拡大や、旅行等のサービスを重視したいという方には、プレミアムカードにステップアップできるプロパーカードをおすすめします。最近は年会費の安いゴールドカードも発行されているので、そちらを候補にしても良いですね。
ポイント重視なら、年会費無料の高還元率カードを選びましょう。

 

サブカードを選ぶには、メインカードの補助的なサービスのあるカードにすると間違いがありません。
メインカードとは違う系列のカードで、サービス内容があまり被らないものがおすすめです。

 

 

クレジット機能以外の機能をチェックする

クレジットカードの主な機能は、どのカードでもそれほど違いがありません。
ポイントの付き方、付帯保険や細かいサービスの違いはありますが、ショッピング機能とキャッシング機能はどれも同じです。
クレジットカードはそれ以外の機能やサービスで比較すると違いがよくわかります。

 

・付帯保険の内容と保証額
・移行できるマイレージプログラム
・ICなどのセキュリティ
・電子マネーは何が使えるか
・返済方法が限定されているか(リボ払い専用など)

 

このような条件を総合的に判断して、自分に最も合った1枚を見つけてください。